カテゴリー
【おうちごはん】

誰かのために作る料理はおいしい。

昨日はパートナーさんのお誕生日でした。そこで今回は、自宅で彼のためにごちそうをつくったお話をば。

いつもは元料理人の彼に食事をつくってもらっています。

ですから、特別な日くらいは手料理をふるまおう!そう思い、冷蔵庫の中身を確認したあとスーパーに出かけました。

野菜や魚をひとつ1つ手にとって「どれにしようかな?」と考えている時間が好きです。

前職時代には味わえなかった喜び……。以前は毎日コンビニ食を買ってもさもさ口にしていましたからね。それが今はかなり健康的な食生活を送っていますよ〜。

今回はイタリアンを作ることに。メニューは以下の通りです。

*帆立のレモンクリームパスタ

https://dancyu.jp/recipe/2019_00001626.html

*ブルスケッタ イタリア風トマトバゲット

https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1530004283/

*グリーンサラダ

*かぼちゃのポタージュ

私の料理においてのモットーは“食べたいものを作る”です。

自分の食べたいものは相手にとってもおいしいに違いない。根拠はありませんが、そう思っています。

とびきりおいしいものを作ろう!とはりきって料理開始。

その結果、パートナーさんのお母さんからお力添えいただいたのもあり、小1時間ほどで全て完成しました。

力作のブルスケッタ。にんにくをたっぷりぬりこんで焼き上げました
こちらメイン。帆立のレモンクリームパスタ(左)とかぼちゃのポタージュ(右)

う〜ん。われながら上出来!(堂々と自画自賛)

ちなみにかぼちゃのポタージュは、ミキサーで野菜を液状にしたあと、火にかけてつくったためとっても簡単でした。

〜全体像〜

上の階で待機していたパートナーさんを食卓に呼んで、いざ実食。……おいC。うまE。

自分がつくった料理を褒めちぎるのは、ちょっと変かなとも思うのですが、冗談抜きにうまくつくれました。

さて、パートナーさん的には何点満点でしょう?

「ん〜〜、期待をこめて80点!」か、辛い。やはり料理人の舌はごまかせなかったか……。次は90点台を叩き出そう!!

さておきパートナーさんのお母さんやお父さんも、喜んで召し上がってくださったため嬉しかったです。

ごちそうを食べたあとは、ケーキ屋さんで注文したバースデーケーキをいただきました。

上にマカロンがのっているショートケーキで、甘すぎず非常に美味。勢いにまかせてパクパク食べてしまったため反省しています。(体重計に乗るのが怖い……)

以前マカロンを食べた時は「なにこれ?砂糖?……個性的な味ね」と思ったのを覚えています。ですが今回のマカロンは大変美味しゅうございました。

また食べたいな〜!大切な人と、いっしょに。

作成者: 神埼 寧

愛知県生まれ、神奈川県在住。高校を卒業後、観光バスガイドとして5年間勤務する。その後退職し長年の夢だった"書く仕事"をするため、フリーライターの道を選ぶ。そんな神埼寧の自由ことば帳(ブログ)です。主に趣味のウォーキングや食べ歩き、旅行について書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA