カテゴリー
【お出かけ】

かぼちゃ寺

今月の31日はハロウィンですね。ここ数年、世間をお騒がせしていた渋谷のイベントは中止とのこと。一時期のピークを過ぎたとはいえ、コロナが懸念されています。そのなかで開催するのは難しいかもしれません。

さておき、ハロウィンといえばジャック・オー・ランタンが思い浮かびます。かぼちゃをくりぬいて顔を作るアレです。

今日はそのかぼちゃにちなんだお寺をご紹介します。

“かぼちゃ寺”は愛知県西尾市東幡豆町のお寺です。正式名称は妙善寺と言うのですが、なぜかぼちゃ寺の異名があるのか気になりますよね。

妙善寺は1200年以上前に建てられたお寺です。建てた人はかの有名な行基さん。また、かぼちゃ寺と言われるだけあって境内には無数のかぼちゃ(のモニュメント)が飾られています。

かぼちゃ寺と言われているゆえんは、それだけではありません。妙善寺では9月から12月にかけて「かぼちゃサミット」が開催されています。サミットで全国から個性あふれるかぼちゃを募集し、審査したあとに入賞者を決定するのだとか。

個人的には物産館で形や色が多彩なかぼちゃを見ていると、ワクワクします。

ほかにも毎年12月22日(冬至)になると、かぼちゃ汁粉をいただけるのです。冬の寒い時期にお汁粉を飲むと、体の芯から温まりそうですよね!その時期に行ってみたい。

【参考】

http://nishiokanko.com/list/special/pumpkin

こちらハズ観音で有名な妙善寺の山門です。左手の看板を見ると、かぼちゃのイラストが描かれています。

山門をくぐると、”かぼちゃ観世音”と書かれているのぼりを発見。

こちらお賽銭箱の近くに設置されていた、幸せのかぼちゃ。表面がつやつやとしています。理由はよくわかりませんが、ご利益がいただけそうだったため、なでまわしておきました。

この仏様をよ〜く見ると、かぼちゃの上にお立ちになっています。他の寺ではなかなか見られない姿です。とてもユニークですね!

ちなみにかぼちゃ寺へ行ったのは、今年の夏ごろです。西尾市を観光がてら立ち寄りました。それほど大きなお寺ではないのですが、山門をふりかえると海が見えて心が落ちつきます。

写真を見ると雲がちらほら出ているものの、どんよりとした空気は感じられませんでした。

防波堤に腰をおろして、親友とのんびり過ごせたのは素敵な夏の思い出です。

ハロウィンの準備でジャック・オー・ランタンを作るときにでも、このかぼちゃ寺を思い出してください。それでは。

作成者: 神埼 寧

愛知県生まれ、神奈川県在住。高校を卒業後、観光バスガイドとして5年間勤務する。その後退職し長年の夢だった"書く仕事"をするため、フリーライターの道を選ぶ。そんな神埼寧の自由ことば帳(ブログ)です。主に趣味のウォーキングや食べ歩き、旅行について書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA