カテゴリー
【水族館・動物園】

金沢動物園のナイトズーが面白い

全国の水族館および動物園を制覇する。それが筆者のちょっとした夢です。今回は神奈川県横浜市金沢区にある、金沢動物園の魅力にせまります。

筆者は2019年に横浜へひっこして以来、2つの動物園に行きました。ひとつが野毛山動物園、もうひとつが金沢動物園です。前者についてはいずれご紹介しようと考えています。

この記事の主役は、題したとおり金沢動物園!日が明るいうちにおとずれるのももちろん楽しいのですが、夜に行くともっと楽しいですよ。ウキウキします。

ちょうど引っ越してきてすぐの夏に、パートナーさんが金沢動物園のナイトズーに連れていってくれたのです。

動物が大好きな筆者は大喜び。齢24にもなるいい大人が園内を駆けまわる。ほかの来場者からしてみれば、それは奇妙な光景に見えたことでしょう。その節は大変申し訳ございませんでした!!

日が暮れたあとの動物園って、どことなく雰囲気がありますよね。胸の高まりがおさえきれず、写真が若干ブレております。すみません!

おしゃれな感じにライトアップされていて、はしゃぎながら撮影。中央部の「ZOO」がいい味出してますよね。

その日は夏まっさかりでとにかく暑かった。しかし、汗がふき出ていることなど忘れてしまうくらい、楽しかったのも事実です。日中の動物園とはひと味ちがう空気感に、気分が高揚しました。

夜のコアラさんを激写。ほとんど動いていませんでした。これは「もう眠いよ」という表情なのかしら。

飼育員さんがお話ししていて驚いたのが、コアラの睡眠時間についてです。彼らはいったい、どれくらいの時間を睡眠に費やすと思いますか?答えはなんと……18〜20時間!!

いやほぼ寝とるやないかーい。かといってコアラはまったく活動しないのかというと、そういうわけではありません。

Australian Koala Foundationによると、コアラは半夜行性らしいですよ。ときどき夜に寝て、昼に活動するのだとか。ほー、コアラさんはずいぶん悠々自適な生活を送っているのだな〜。

いちばん興奮したのが、生のゾウを見たとき!!

ゾウの大きな手足に、立派なキバが印象的でした。ときおり鼻を上下に動かしていたため「遊んでほしいのかな?」と思った筆者。ですが、どうやら別の理由で鼻を動かしていたみたいです。

飼育員さん「さきほどからゾウさんが鼻をゆらしていますが、これは威嚇している証拠です(笑)メスを守ろうという意思があらわれていますね〜」

な、なんと!!怖い。われわれはまったく歓迎されていなかった。

ゾウ「俺の女に近寄るなーーー!」という意味でした。

写真には写っていませんが、このゾウよりひとまわり小さなメスのゾウも近くにいて可愛かったです。そりゃあオスが頑張って守ろうとするよね。

実際にゾウのキバをもたせてもらった時の写真。なんとなくサイズ感は伝わりますか?

筆者の口元を見れば一目瞭然。だいぶうかれていたのが分かりますね。

以上、横浜市金沢動物園のナイトズーレポでした。ちなみに大人は1人500円で入園できます。こんなに安いにもかかわらず園内はパラダイスですよ!

みなさまもぜひ遊びにいらしてください。それでは。

作成者: 神埼 寧

愛知県生まれ、神奈川県在住。高校を卒業後、観光バスガイドとして5年間勤務する。その後退職し長年の夢だった"書く仕事"をするため、フリーライターの道を選ぶ。そんな神埼寧の自由ことば帳(ブログ)です。主に趣味のウォーキングや食べ歩き、旅行について書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA