カテゴリー
【お出かけ】

風鈴の音は涼やかですね

今日は一歩も外から出ずにパソコンと向き合っておりました。そのためブログネタがありません。いいえ、過去をふりかえればネタなんていくらでも見つけられます。

というわけで今回は埼玉県川越市について、つれづれなるままに書いていきましょうか。去年の9月にパートナーさんと遊びに行ったんです、川越市に。

川越市には縁結びの神さまで知られる、川越氷川神社があります。いつしか最愛の人とお参りに行きたいな〜なんて思っていたら、パートナーさんと出会いました。これはご縁かしら。

川越氷川神社は今から約千五百年前、古墳時代の欽明天皇二年に創建されたと伝えられています。室町時代の長禄元(1457)年、太田道真・道灌父子によって川越城が築城されて以来、城下の守護神・藩領の総鎮守として歴代城主により篤く崇敬されました。 (中略)

現在の本殿には緻密な彫刻が施されており、県の重要文化財となっています。 また、昔より縁結びの神様としての信仰を集め、人々のご縁を取り持ってまいりましたのは、お祀りしている五柱の神様(ご祭神)にあります。

https://www.kawagoehikawa.jp/#/shoukai/

川越氷川神社の公式ホームページを拝見したところ、同社は560年以上の歴史を刻むお社だと分かりました。

また5柱(神様は”人 “と数えず柱と表記します)の神様が、それぞれ家族や夫婦にあたります。そのことから縁結びだけでなく、家族や夫婦円満のご利益もあるのだそうです。

境内には無数の風鈴が飾られていて、それはそれはうつくしゅうございました。

ときおりそれらが風にふかれて”チリン、チリン”と音をたてます。心が澄み渡るような気がしましたね。

こちらは鯛の中に入ったおみくじを、懸命に釣っている筆者の様子。そうそう、この時浴衣を着て町歩きしたのです。水玉模様、似合っているかしら?

ひととおりお参りをすませたあと、近くの駄菓子屋横丁に行きました。

お店には麩菓子やおまんじゅうなどが並べられており、おもわず垂涎したのを覚えています。結局お菓子は買わずに、さつまいも柄の小銭入れを購入しました。

今ではそのお財布がボロボロになってしまって「ああ、たくさん持ち歩いたのだな」としみじみ。

休憩がてら立ち寄った喫茶店で、スムージーを飲みました。

ラズベリーやイチゴが入ったスムージーで、ちょっと酸味があっておいしかったです。

喫茶店の玄関にいた猫ちゃん。野良なのか家猫なのかは判別できかねますが、とても綺麗な毛並みをしていました。

帰りしな和菓子屋さんでパートナーさんに、おまんじゅうやらあんみつやらを買ってもらい、家族みんなで食べたっけなあ。

早いもので11月。今年の夏はとうに過ぎ去りました。しかし来年の夏も去年や今年のように、楽しく過ごせたらいいなと思う筆者なのでした。

作成者: 神埼 寧

愛知県生まれ、神奈川県在住。高校を卒業後、観光バスガイドとして5年間勤務する。その後退職し長年の夢だった"書く仕事"をするため、フリーライターの道を選ぶ。そんな神埼寧の自由ことば帳(ブログ)です。主に趣味のウォーキングや食べ歩き、旅行について書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA