カテゴリー
【お出かけ】

松本市の城と学校

長野県松本市にはたくさんのいいところがあります。なかでもおすすめしたいのが、城と学校です。

といっても後者は現在、学校ではなく博物館のようになっているのですが……。

さておき、バスガイド時代の記憶をたどりながら文章に起こしてみます。

さかのぼること前職時代。筆者は長野県に行く機会が多く、いろいろな観光地をご案内しておりました。

なかでも印象に残っている、松本城旧開智学校についてご紹介します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0665-1024x768.jpg

まず松本城についてお話ししましょう。上記の写真に記載があるとおり、松本城の天守は国宝に指定されています。

現在の日本に残っている*五重六階の天守において、もっとも古いのが松本城天守です。

*外側は5つに重なっているようで、内側は6階建ての建物をさします。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0673-1024x768.jpg

こちら筆者が撮影した松本城です。黒光りする屋根が立派ですよね!

ちなみに天守閣の1階から6階まで、一般公開されています。

“今はなかなか旅行できない……”そんな人はぜひ、松本城の公式ホームページをごらんください!

【松本城公式ホームページ】

https://www.matsumoto-castle.jp/about

上記のページはかなりコンテンツが充実していて、読みごたえがありますよ。

それに、もしも現地に行く機会があったとして、天守の下から上まで登るのは大変ですからね。

つづいて、旧開智学校についてです。こちらも松本城と同様、国宝に指定されています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0676-1024x768.jpg

明治9年に完成した旧開智学校は地元の大工棟梁立石清重が設計した学校建築で擬洋風建築の代表です。文明開化の時代を象徴する洋風とも和風ともいえない不思議な建築は「擬洋風建築」と呼ばれています。

https://visitmatsumoto.com/spot/kaichischool/

画像をごらんいただくと、なんとも不思議な気分になりませんか?ほかではあまり見かけない、変わった建築物ですよね。

引用に書かれているとおり”洋風とも和風ともいえない”建物です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0683-1024x998.jpg
どこが和風でどこが洋風なのか、分かりやすく解説されていました!

“散切り頭を叩いてみれば〜”の歌が思い浮かぶ明治時代。

当時の文化や流行などが垣間見える建築物です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0677-1024x768.jpg

建物のなかは当時の様子が保存されています。木造の机や椅子が置かれていました。

昔の子どもたちは、このような環境で勉強していたのか〜。

松本市の冬はうんと冷えこみそうだけど、寒くなかったのかしら。

教室のほかに、松本市に住む子どもたちが手がけた絵や文章などが掲載されていました。パネルの展示が面白かったな〜。

お城や昔からの建築物がお好きな人にはマッチする観光地です。

機会があればぜひ松本市にお出かけください!

作成者: 神埼 寧

愛知県生まれ、神奈川県在住。高校を卒業後、観光バスガイドとして5年間勤務する。その後退職し長年の夢だった"書く仕事"をするため、フリーライターの道を選ぶ。そんな神埼寧の自由ことば帳(ブログ)です。主に趣味のウォーキングや食べ歩き、旅行について書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA