カテゴリー
【ぼやき】

落ち込んだとき、噛みしめる言葉

鬼滅の刃の映画が大絶賛放映中ですね〜!興収がなんと204億円を突破ですって。204億円が何枚ほどの札束になるのか、もはや分からない。

参考:

https://mantan-web.jp/article/20201110dog00m200033000c.html

ちなみに当ブログで「鬼滅の刃の映画を見てオイオイ泣いたよ〜!!」と書きました。

上記のとおり、鬼滅映画のレビューはすでに書いてしまったため今回は別のネタです。

ズバリ……推しキャラの好きなところ!!!筆者の推しは、

デデンッ!我妻善逸くんでーす!

漫画やアニメをごらんになっている人は「そんなこと言われなくても分かっているよ(笑)」と思うかもしれません……が!

それでも書かせてください。彼は炭治郎の戦友でありサブキャラです。

原作をよく知らない人は、この情報だけだと善逸くんがどんな性格をしているのか、分かりにくいですよね。

彼の性格をひと言で言い表すならば、ヘタレです。作中で彼は鬼から逃げ惑う、戦意喪失するなど、どうしようもないヘタレっぷりを見せます。

しかし善逸くんは泣いたり逃げたりしながらも、なんだかんだ「えいやっ」と踏んばるんですよね。困難に耐えるんです。

そこがたまらなく愛おしい。漫画のキャラクターなのにリアルを生きる人間のように、弱くて、もろいんです。

ちなみに彼は覚醒すると、チート級の技をくりだすというギャップの持ち主でもあります。

あまり詳しく書くとネタバレになってしまうため、全部は書きません。ですがこれだけは言いたい。

「善逸くん……君の生い立ちを読んで筆者は救われたよ!」と。

話は逸れますが、彼には「じいちゃん」と読んでいる師匠がいました。

名前を桑島慈悟郎(くわやま じごろう)といい、わかりやすくいうとの善逸くんの指導者です。

この人と彼の関係性に感動するんですよ〜〜!

桑島さんは折れそうになる善逸くんに、なんども素敵な言葉をかけます。その言葉の全部が好きなんですが、なかでも

  • 『泣いていい、逃げていい、ただ諦めるな』
  • 『誰よりも強靭な、刃になれ!!』

上記2つの名言たちが、たまらなく好きです。

筆者も、しがないライターとして活動していますが、ときどき

「自分はこのままでいいのだろうか……」と、シュンとする瞬間があります。

そんなときにじいちゃん(桑島さん)と善逸くんの姿を思い出すと、元気が出るんですよね。

1つのことしかできないならそれを極め抜け By桑島慈悟郎

(鬼滅の刃17話より)

はい!じいちゃん。筆者は書くことしかできませんが、これからもひたむきに「書くこと」と向き合っていきます。

推しがいっぱいな空間(こっそり炭治郎もいますね)

作成者: 神埼 寧

愛知県生まれ、神奈川県在住。高校を卒業後、観光バスガイドとして5年間勤務する。その後退職し長年の夢だった"書く仕事"をするため、フリーライターの道を選ぶ。そんな神埼寧の自由ことば帳(ブログ)です。主に趣味のウォーキングや食べ歩き、旅行について書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA