カテゴリー
【福袋】

Bleu Bleuetの福袋2021が届きました!

筆者は大の雑貨好きで、あらゆるメーカーのなかでも『Bleu Bleuet(ブルーブルーエ)』のファンです。

ブルーブルーエに行くと、かわいいバッグやアクセサリー、ちょっとした文房具まで何でもそろいます。

筆者はどれくらいブルーブルーエが好きなのかというと、近所に実店舗がありよく用事もないのに覗きに行くほどです。

さておき先日に、ブルーブルーエが福袋を発売しました。ラインアップは¥5000、¥10,000と2タイプあり迷ったのですが、さすがに¥10,000は買いすぎかな?と自制心が働いたため、前者を購入。

筆者はてっきり年明けに商品が届くと思っていました。

しかし、ブルーブルーエさんは年末もガシガシ働いていらっしゃるようです。おかげでなんと本日、楽しみにしていた福袋が届きました〜!!せっかくなので、ここで中身をご紹介します。

段ボールをあけると、袋にぎゅっと詰め込まれた商品たちの姿がお目見え。ひとつずつ見ていきましょう!

ハンドメイド感ただよう、かわいらしいマスコット(¥550)。これはウサギなのか、ハムスターなのか、それとも犬……?

真っ赤なくちびる型のポーチ(¥1,650)。最初見たときは「なんだこれ!?」と、ちょっとびっくりしました。これは……使わないかも。母にあげようかしら。

おお!!あたたかそうなニット製の手袋だ(¥1,500+税)。これは文句なしの当たりですね。筆者好みのデザインです!とくに手首の白いふわふわが気に入りました。

吸水速乾ヘアターバン(¥1,200+税)。実はすでに猫耳型のターバンをもっています。ですがデザインや色はかぶっていないので、両方日替わりで使おうかしら。

一見「ポーチかしら?」と思ったのですが、桜餅の右側にカラビナがついていました。どうやらキーホルダーのようです。お餅のなかには、ハムスターのぬいぐるみが!かわいい。

普段つかっているカバンにつけようかな?でも、桜餅のキーホルダーをつけて歩くのは、ちょっと恥ずかしいかも。

コアラの手乗りぬいぐるみです(¥1,000+税)。筆者の趣味は、ミニマスコットやぬいぐるみを集めること。ですから、このアイテムは嬉しいですね〜〜!ふだん値札とにらめっこして、なかなか買わないタイプのぬいぐるみです。大切にしよう。

ジッパーバッグ。先日お店で見かけて「買おうかな?でもまだストックがあるし……」とあきらめた商品です。ラッキー!

わお!!スリッパだー!(¥1,650)実用性が高いアイテムは助かりますね。スリッパはすでに何足もストックしているのですが、いずれこのアイテムを履くときがきます。それまで保管しておこう。

白いティペット!冬場は首元が寒いため、これからヘビロテしそう。

おそらくトップス(まだ開封しておりません)。下北沢に住む女の子が着てそう!

ウォンバットのブランケット(¥2,000)!!ひゃー!これはかわいい。これを膝にかけながらお仕事しようっと。

付属の福袋。こちらもデザインが素敵ですよね〜。以上、ブルーブルーエ福袋¥5000verの内容紹介でした。思った以上にボリューミーでしたね!今年は完売しているため、来年ブルーブルーエの福袋を買う際は、参考にしていただければ嬉しいです。

カテゴリー
【ぼやき】

今年をぼちぼちふりかえる

早いもので本日は12/29、あと2日で年明けです。筆者は月末まで必死で働きます。お仕事があるのは幸せなこと…!(今にも崩れ落ちそうになりながら)

今年は怒涛の1年でした。1月〜6月まで都内の求人会社で働き、取材やコンテンツライティングなど、あらゆる経験をさせていただきました。

その経験のおかげ様でいちライターとして、多少なりとも成長できたと思います。

6月末で求人会社を退場し、それからというものフリーランスの仕事がメインになりました。

ちょうどその頃、コロナの影響でたくさんの人が仕事を失った。そんな内容のニュースを見たとき、筆者は不安で仕方なかったです。”明日は我が身”と、どうしても他人事とは思えませんでした。

「はたしてこの先、ライターの仕事だけで生きていけるのだろうか?」と思い悩む日もありました。ですがパートナーさんやまわりの人が筆者を支えてくれたおかげで、書く仕事を続けられています。

2020年は仕事とプライベートの両方で、数多くのご縁がありました。同じライター仲間ができたり、新しいプロジェクトのお話をいただいたり。来年はさらなる躍進の年にしていきたいです。

よく「ライター1本で稼ぎつづけるのは難しい」と耳にします。ですが、筆者は生涯筆を折りたくありません。作家になる夢もあります。

筆者はまだまだ未熟者ですし、前途多難かもしれませんが、一生書きつづけることをあきらめたくないです。

プライベートでは、パートナーさんのご友人を何人も紹介してもらいました。みなさんユニークで優しい人ばかり。なかにはお子さんがいる人もいて、その子たちとも関わりました。筆者は子どもが好きなので、すごくしあわせです。

話は変わりますが……先日お知らせしたとおり、筆者はパートナーさんと入籍しました。筆者にとって「結婚」も一大イベントでしたね。

ただ、パートナーさんとは去年からずっと一緒に暮らしているため、実感はあまりないです。(笑)パートナーさんといると、泣いたり怒ったり、笑ったり。忙しい毎日です。この幸せが未来永劫つづいていきますように。

筆者はパートナーさんに頼りっぱなしなので、来年はもっと恩返ししていきたいです。あと、パートナーさんにプンプンしすぎなのでもっと優しく接したい。(怒りっぽいと自覚はあります)

コロナで世の中の様子が一変した2020年。いつ平穏な毎日が戻ってくるかは分かりませんが、小さな幸せをだきしめて2021年も暮らしていきます。

カテゴリー
【ライブ】

女王蜂【アヴちゃん生誕祭2020】レポ

いつかのブログで、ちらっと女王蜂の名前を出しました。今回は彼女(彼)らのライブレポを記事にします!

時は2020年12月25日のクリスマス。我らが女王蜂のボーカリスト・アヴちゃんの生誕祭を兼ねたライブが、Zepp Hanedaにて開催されました。

当日は胸を高鳴らせながら会場へと向かい、いざ現地に到着すると緊張していてもたってもいられなくなりました。(筆者はただのオーディエンスにもかかわらず)

ここで女王蜂のことを軽くご紹介します。

【女王蜂】2009年に兵庫県神戸市で結成された、4人組のロックバンド。Vo.の薔薇園アヴを筆頭に、見目麗しいメンバーがそろっている。

2018年より放送されたアニメ「東京喰種:re」のエンディングテーマに「HALF」を提供、2019年には5枚目のシングル「火炎」をリリース。この曲はアニメ「どろろ」のオープニングテーマに起用された。

現在、日本でもっとも飛ぶ鳥を落とす勢いのある精鋭バンド。(筆者の主観です)

前職の先輩から女王蜂の曲「デスコ」を教えていただき、それからというもののすっかりファンです。

ちなみにライブでデスコがかかると、ファンは一斉にジュリ扇をフリフリひらひらしながら踊り狂います。

やがて入場時間になると、ファンの列がゆっくりと前にすすみ始めます。筆者も前の人と間隔をとりながらおとなしくならんでいました。

とうとう入り口にたどり着くと、係の人に「検温にご協力ください」と言われます。熱を測ったところ、平熱。異常なし!

そしてドリンク代を支払ったあと、ドリンクカウンターに置いてあった飲み物を手にとり、いざ席へ。

新曲のフライヤー!かっこいい。

今回、筆者の席は1階席の後方だったため「アヴちゃんのお顔は見えるかしら?」と心配でした。しかし、ライブでは無事ご尊顔をおがめたので、よしとする。

午後19:00ジャスト。耳をつんざくような爆音が鳴り響きます。舞台が暗転し、瞬時に妖しげな緑のライトが点灯。その瞬間、華麗な衣装に身をまとった女王蜂のメンバーが姿をあらわしました。

筆者は周りの空気が一瞬で変化したのを肌で感じとり、ゾクゾクしました。そこから駆け抜けるようにして時間は流れていきます。

おきまりのダンスチューン、1本の短いホラー映画を観ているかのような曲、しっとりとしたバラード……女王蜂は一体いくつの顔をもちあわせているんだ!?と気圧された筆者です。

あっという間に時間が過ぎて、無事ライブは終了。そのあとすぐに、アンコールの拍手が鳴り響きます。

前回、女王蜂のライブに行ったときはアンコールなしでした。

ですが今回は会場の照明が暗転したままだったため、もしやメンバーが出てきてくれるのかな?と淡い期待を抱きました。

予感は的中、ふたたびメンバーが舞台に登場します。自然と沸き起こる拍手、そしてアヴちゃんの「ありがとう」と心のこもった声。メンバーのやしちゃんが最後にやってきて、アヴちゃんにバラの花束をわたします。

ハッピバースデー、トゥーユー。定番のバースデーソングが流れますが、オーディエンスは声が出せません。かわりに拍手でお祝いします。

「こんなことってあるんやなぁ」とアヴちゃん。目には涙がたまっていました。もらい泣きしそうでした……。

「女王蜂からお知らせがあります。いいお知らせです。来年2月の24日・25日に武道館でライブが決定しました

どこからか短い悲鳴が聞こえました。声を出してはいけないと分かっていたものの、急なお知らせに思わず出てしまった様子……筆者も息をのみました。そのあと、我慢していた涙がこぼれ落ちて、嬉しさと感動で心がかき乱されます。

さいごに新曲「夜天」が披露され、ライブはおひらきに。終演後、すぐに武道館ライブの情報が解禁されたため早速抽選に申し込みました。当たって欲しい!!!

幸せなクリスマスでした。

カテゴリー
【福袋】

casseliniの福袋【2020】開封!

みなさん、今年の福袋は買いましたか?年末が近づいてくると、あらゆるブランドがここぞと言わんばかりに「○○福袋」を出品していますよね。

筆者は”限定”や”お得”の二文字に弱い典型的な日本人のため、すでにいくつか福袋を購入しています。そのうちの1つが先日手元に届きました。

今回紹介するのは、キャセリーニ(casselini)の福袋です。このブランドは、主にバッグやアクセサリーなどを販売しています。

公式ホームページを見るかぎりでは、素敵なデザインの商品が多い印象です。さて肝心の福袋には、どのようなアイテムが入っているのでしょうか!

ドドン!!

両手で抱えるのがやっとの大きな段ボールが、我が家に到着しました。

段ボールをあけると……

段ボールの中には薄いピンク色の紙袋が入っており、ためしに持ちあげてみると、ずっしりとした重量があります。これは期待度大!!!

まず1つ目の商品をピックアップします。

おっと、かなり渋い色のハットです。義理のお父さん(71)にかぶってもらったらしっくりきました。筆者はかぶらないタイプの帽子かなぁ。

つづいて、2つ目のアイテムです。

第一印象「ギラギラしている!!」

形は全体的にシュッとしていて好みなのですが、ヒョウ柄はちょっと……。大阪のおばちゃん、もしくは地元のおばちゃん(髪が紫だったり青だったり)を思いだします。

せっかくゲットした商品ですが、筆者は使いません。ですので、ヒョウ柄が好きな母親にプレゼントします。

さて3つ目のアイテムは?

一時期流行した、ビニールバッグにポーチがinしている商品ですね。今年の夏頃、公式ホームページで全面的に販売されているのを見かけました。売れ残ったのかな(ぼそり)

今年はおそらく行けませんが、来年から温水プールに泳ぎに行く予定です。そのためこのバッグはありがたい!なんのためらいもなく、ぬれた水着やタオルをいれられます。

つづいて4つ目のアイテムです。個人的には、これがいちばんの大当たりかな?

筆者はちょうど手袋が欲しいと思っていたので、入っていて嬉しかったです。タータンチェックの柄もかわいい!

5つ目のアイテムは、さくらんぼ柄のカードケースでした。びっくりしたのは、この商品だけで4,000円もしたこと。ちなみに福袋の値段は8000円ちょっとです。それを考えると、だいぶお得なのかしら。

筆者は普段さくらんぼ柄のアイテムはあまり選ばないため、新鮮でした。

さて、次は6つ目のアイテム!

エコバッグですね。以前は無料でいただいていたレジ袋ですが、みなさまご存じのとおり、今年の途中からお金がかかるようになりました。それに伴い、マイバッグを持参する人が増えていますよね。筆者もこれを持ってお買い物に行きます!!

早いもので福袋の中身も、いよいよ残すところ1アイテムになりました。さあ、何が入っているのか……?

・・・?

知恵の輪?いいえ、どうやらブレスレットのようです。腕にとおしたら、なかなか抜けなくなりました。このまま知恵の輪、いや、ブレスレットが腕から抜けなくなったら?と考えると、怖かったです。(※数分間格闘の末、無事抜けました)

以上、7点が入った福袋でした。うーん、お値段を考えるとリーズナブルなのかもしれませんが、あまり好みの商品は入っておらずがっかり。しかし、福袋を開封するワクワク感は味わえたためよしとします!!

カテゴリー
【お出かけ】

入籍しました

私事で恐縮ですが、本日筆者はパートナーさんと入籍しました。かといって特別何かが変わったわけではなく、いつもと変わらぬ平凡な1日でしたね。

朝、ちょっと早起きして役所に行きました。婚姻届やマイナンバーの手続きをすませて、無事パートナーさんの苗字を名乗ることに。なんだか別人になった気分です。

結婚して苗字が変わると、思った以上にいろいろと手続きをしなければならないため、これから忙しくなりそうだ〜。

もろもろの手続きを完了したあとは、近所のお蕎麦やさんでランチしました。オーダーしたのは、あげもちおろしそばの冷たいもの。筆者のお気に入りメニューです。単品でおろし鴨ポン酢も追加。どちらも綺麗にたいらげて、お腹はまるで風船のように。

お昼をいただいたあとは、IKEAに足を運びました。理由は、とあるぬいぐるみを探すためです。

ある日、筆者がオンラインでIKEAの商品を見ていたら、なんとも可愛らしいくまさんのぬいぐるみを発見しました。気になるお姿は、下記のURLよりごらんいただけます。

https://www.ikea.com/jp/ja/p/djungelskog-soft-toy-brown-bear-20402831/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=pla&utm_content_20402831&gclid=CjwKCAiArIH_BRB2EiwALfbH1DQnKsJAxxA5MlVh4N_OzAEkkka5xDBi7DUl833lGZSIC5gGeyTomBoCs6sQAvD_BwE

筆者は思いました。なんだこのくまは!手足はクタクタだし、まん丸なおなかがたまらなく愛おしいぞ、と。そこで実店舗に足を運んだわけです。

IKEAの店内は、終わりがない迷路か?と思うくらいに広くて絶望しかけました。しかし、いろいろな商品を手にとって、パートナーさんと「ああでもない、こうでもない」と話しながら進むのは楽しかったです。

しばらく歩いていると、見つけました!お目当のくまを。予想以上に大きい。体のさわり心地もなめらかで最高です。

筆者はくまのぬいぐるみを1体抱きあげて、ショッピングバッグに入れました。それだけで結構な重量……。レジを探すため、先を急ぎます。ところが全然出口が見えてこない。歩けども歩けどもゴールが見えません。

さすがにイラついてきた頃、遠くにレジカウンターが見えてきました!!

「IKEAでイラついている人、初めて見た」とパートナーさんに揶揄されながらお会計を済ませます。

購入後、筆者とくまのぬいぐるみのツーショット写真を撮ってもらいました。いかがでしょう。なんとなくサイズ感は伝わりますか?

大安吉日に入籍し、欲しかったぬいぐるみもゲット。明日からもコツコツと頑張っていきます!

カテゴリー
【お出かけ】

湯河原で過ごす、ゆったり時間。

都会にいると、あらゆる意味で便利ですよね。それにモノや人など、常に流行りのものが入ってきて、キラキラしていて。

一方で、ちょっと疲れやすくなったかな?とも思うのです。たくさんの人間がごちゃごちゃと動いていて、その中にいると荒波に揉まれているようで……。

そう思った筆者は、プチ家出することにしました。もちろん心配をかけぬよう、このことを家族には伝えてあります。と、いささか大げさに書きましたが要はただの旅行です。

いまだかつておとずれたことのない、湯河原温泉に行くことを決めました。湯河原温泉は、かの有名な夏目漱石や芥川龍之介などがおとずれた名湯です。

実は筆者、去りし10月に宿を予約しておいたのです。そして昨日・今日と、あるお宿に滞在しました。人が少なく、あたりはとても静かで……まさに癒し。

せっかくですから、お部屋の様子をアップします。

ごらんください、この和室とyogiboの最高なコンビ。最大4人で宿泊できる空間ですから、それはもう広いのなんのって。

お部屋に入った瞬間、肩の荷が下りたような気がしました。何故だかわからないのですが、ホッとしたんですよね。

筆者は重たい荷物を部屋の隅に追いやって、ストーブのぬくもりを感じながら、ストンと腰をおろします。

思わず「ああ、極楽とはこのことか。」と、心のなかでつぶやきました。

yogiboの座り心地が思った以上によくて、ウトウトしてきます。おっといけないいけない、一応筆者はノマドワーカーになるべく、ここへやってきたのだ。気を取り直して、パソコンをひらきます。

昨日のノルマは1万文字。気が遠くなるような文字数でしたが、途中休憩を入れつつなんとか書きあげました。

お夕飯は、あたたかい生姜焼き定食。お肉がやわらかくて最高でしたよ!よく噛み、味わって食べます。

あらかた食べ終わり、テーブルの隅にあったメニュー表に目を落とすと「お夜食」の三文字が!なんと、焼きおにぎりと鯛のお茶漬けとな?

これは食べるしかない。そう思い、お宿の人に声をかけ夜食を注文します。

夜食は21時ごろに部屋までもってきてくれるとのことでしたので、いったん部屋に戻りました。

静かな空間でひとり、パソコンを使ってひたすら文字を打つ。それはもう筆舌しがたいほど、最高な時間でした。なにも気にすることはないし、邪魔する人や物もありません。

かつての文豪たちは、この閑静な空間を求めて、湯河原にやってきたのかな?

そのあと時間どおりに運ばれてきた夜食を食べ、眠りにつきました。次の日の朝、温泉に入って今はくつろぎタイムです。

今は何かと懸念されますが、いつか落ち着いた際にはみなさん、湯河原温泉にお出かけされてみてはいかがでしょうか。心が満たされますよ。

カテゴリー
【ライブ】

推し事してきました

去りし12月13日、応援しているアイドルグループ「GO TO THE BEDS」のライブが愛知県名古屋市で開催されました。

このコロナ渦のなか、無事にライブが開催されるのか不安でしたが……予定どおりライブに行くことができて幸せです。

ただ1点、悔しかった点をあげるとするならばCDが買えなかったこと。実はこのライブが開演される前に、CDの物販がありました。

CDだけならば今回は見送ろう……と思っていたのですが、名古屋特典としてチェキがついてくると公式ホームページに記載されていました。

実はすでに同じCDを5枚ほど買っている筆者。ですが、特典つきとあれば買うしかないではありませんか。そこで開場の1時間前にライブ会場へと向かい、物販の列に並びました。

ところが!!物販列に終わりが見えてきた頃……

係員「CDの特典が残りわずかとなってきました。この先お並びいただいても、ご購入いただけない可能性があります」

な、なんですとーーー!ゴールはもうすぐそこまで見えているではないか。せめて、せめて1枚でもいいから手に入れたい。お願いします!!と念じながら、ゆっくりと前に進む筆者。

しかし……。あと数人が購入したら筆者の番、といったところで「CD販売は終了しました……申し訳ございません」と声がかかります。言葉どおり落胆しました。チェキ……。

そうしているうちに開演まであと20分ほどとなりました。筆者は気を取り直して、自分の席まで向かいます。

筆者はファンクラブに入っているため、高いお金を払っていい席を確保しました。今回は実質3列目だったため、メンバーの姿がよく見えましたよーー!

といっても、同じファンクラブに入っていても良席に当たらない人がいます。そのため筆者は運がいいほうなのかもしれません。

席に座ってしばらくすると、定刻になり会場が暗転します。ライブではお決まりのSEが聴こえ……舞台にメンバーの姿が!

「私たち、GO TO THE BEDSです。よろしくお願いします!!」の挨拶からスタートし、いきなり激しいロック調の曲が流れ出します。ステージで踊り狂う5人のメンバーたち。筆者をふくめ、周囲のファンもつられるように体を動かします。

今は感染症拡大予防のため、ヲタク一同はいっさい声を発してはいけません。しかしそのぶん、踊ったり頭を振ったりしておのおのライブを楽しんでいます。

「自意識過剰」と言われてもこの際かまいません。痛い人間だと思って聞いてください。今回、推しメンとかなり近い距離だったため何度も目があいました。微笑まれて幸せだった……。

息つく間に終了してしまったと思うほど、濃密なライブでした。次会えるのはおそらく年明けなので、それまで頑張ってアイドルを応援するための資金を稼ぎます。

カテゴリー
【お出かけ】

念願のパン屋さん@神戸

もともとは教会として機能していた建物を改築し、現在はパンやお菓子を販売している「フロインドリーブ」に行きました。

早くに両親と弟を亡くした初代ハインリッヒフロインドリーブは、14歳でパン屋の見習いとして働き始め、18歳からはベーカーとして10年間ドイツ海軍に従事しました。

http://freundlieb.jp/page-2426/

店名どおり、フロインドリーブさんが立ち上げたパン屋さんなのですね。

上記の文章を拝見したとき、フロインドリーブさんの生い立ちがなかなか壮絶だな……と思ったのは筆者だけでしょうか。

周知のことと思いますが、今月の25日はクリスマス。お店の玄関先に豪奢なクリスマスツリーが飾られていました。

いくつも綺麗なオーナメントがついているツリーを見ているだけで、しあわせな気持ちになりますね。

朝早くからフロインドリーブの開店を待つお客さんの姿が見えて、もしかするとオープンと同時に商品が完売してしまうお店なのかも……?と不安になりました。ですがそれも杞憂に終わります。

たしかに開店と同時にお店のなかへ入りましたが、何人かは2Fへとのぼっていき、売店には目もくれなかったからです。

フロインドリーブは1Fが売店、そして2Fがカフェになっています。

筆者たちもほかのお客さんと同様、カフェ目当てでお店に入りました。そのため売店はあとで見ることに。

年季の入った階段をのぼると、視界にあらわれたのは洋風な空間。まるで映画のようにすてきな店内をみて、おもわず感嘆の声がもれます!

天井にほど近い場所には、クリスマスのリースが飾られていました。

筆者たちは着席早々、モーニングセットをオーダーします。筆者はベーコンエッグセット、パートナーさんはサンドウィッチをいただきました。

見るからにおしゃれなプレートでしょう?

実際に食べた感想としては、パンがとってもふかふか!その上、パンにつけるバターは、濃厚な旨みをかもし出していました。

こちらはパートナーさんが注文した、サンドウィッチのセット。ひと口食べさせてもらったところ、タマゴとパンの相性が抜群でした!大満足です。

パンと一緒に紅茶を頼んだのですが、そちらもたいへんおいしゅうございました。ミルクをたっぷりと注いだ紅茶に、朝から癒されましたよ〜。

ゆっくりと時間が流れるなか、優雅な朝食を堪能しました。その後1Fにおりて、パンやチョコレートなどのお土産を見てまわります。

お店によると、シトーレンが名物のようです。調べたところ、シトーレンとはドイツで有名なクリスマスのお菓子のこと。フロインドリーブのようなお店だけでなく、一般家庭でもつくられるのだそうですよ。

残念ながらシトーレンは完売していたため、4種類のチョコレートが入ったお土産を買いました。まだ食べていないので、どのような味か楽しみです!

みなさまもぜひ、神戸をおとずれた際にはフロインドリーブに行ってみてくださいね。

カテゴリー
【お出かけ】

京都で食べて笑って

先日筆者は、パートナーさんと京都をおとずれました。およそ2年ぶりの京都。お日柄もよく、最高の1日を過ごすことができました。

最初におとずれたのは四条通り。高島屋京都で販売されているスイーツを買うためやってきました。

四条通りの街並み

まず「バトンドール」のプレッツェルを買いました。お値段が張ることから、通称高級ポッキーと呼ばれているお菓子です。

このプレッツェルは、かの有名な江崎グリコ株式会社から発売されています。

https://jp.glico.com/batondor/

公式ホームページの写真を見るからに、とってもおいしそう!ちなみにバトンドールは、関西圏にしかお店がありません。そのためこの機会に買っておこう!と、1箱買いました。

つづいて購入したのが「マールブランシュ」の茶の菓です。このお菓子は筆者の大好物!

京都のお土産やさんでは、あらゆる抹茶のお菓子が販売されています。ですがなかでも茶の菓は格別です。

クリスマス仕様の茶の菓(3枚入り)

自分用のため何枚もいらないかな?と思い、今回は3枚入りを買いました。

お目当の品を買うことができたため、次なる目的地へ。向かったのは「京の台所」として知られる錦市場です。

さすが京の台所と呼ばれるだけあって、立ちならぶお店にはフレッシュな食材が勢ぞろい。お刺身やお肉などのほか、唐辛子やポン酢などの調味料も売っているんですよ!

筆者は海産物が売っているお店で、タコ玉子とホタテの串焼きをいただきました。タコ玉子は、タコの頭の部分に本物の玉子が入っているんですよ。またホタテは肉厚でホカホカで、たいへん美味でした。

食べ歩きをしながら、数々のお店を見てまわります。錦市場では他の県では見かけないような、めずらしい食材が販売されています。そのため見ているだけで楽しかったです。

錦市場の端から端まで歩き倒して、ふと時計に目をやると……14時近くになっていました。

散策がてら食べ物を軽く口にしていたものの、早くもお腹が空いた筆者たち。そこで京都のおばんざい屋さんに行きました。

おばんざいとは、京都の人々が普段口にしているお惣菜のこと。

以下「京都のおばんざい」より引用です。

日持ちがしない料理は、食べ残しの出ない分量だけ作り、あともの足りない分は作り置きの出来る常備菜でまかなう。
無駄なお金も時間も労力もかけんと、ゴミも少ししか出さない、超合理的な伝統の家庭料理。
電気冷蔵庫が今程普及していない時代、京都では、これらはごくあたりまえの調理法でした。

http://www.kyo-kurashi.com/obanzai/collabo01/obanzai.html

つまり、昔の京都人が知恵をしぼって生み出した素朴なおかずのことですね!

薄味のお味噌汁やひじきのおひたし、鶏肉のステーキなど。おなかいっぱい食べました。

久しぶりの京都で浮き足立っていた筆者。食べて笑って、よい1日でした。

カテゴリー
【美容】

早めのクリスマスプレゼント

以前上記の記事で、ジルスチュアートのコフレを買ったよ!とお知らせしました。しばらく間があきましたが、先日ようやく現物が届いたため開封の儀をおこないます。

さわやかな水色の箱がわが家に!ジルさん、お初にお目にかかります。

化粧品は商品そのものの質以外にも、パッケージデザインにこだわっていて素敵だなあと思います。

ダンボールの封を切ると、ハート型の星座がお目見え。ロマンチック〜

購入前に箱の中身は確認済み。ですがいざとなって開封する瞬間は、胸が高鳴ります。たとえるなら、初めてサンタさんからプレゼントをもらった子どものような気持ちです。

細長い缶のなかにコフレが入っていました!ラベンダーカラーの外見が可愛い。

左がボディークリームで、右がハンドクリーム。どちらもなめらかなテクスチャーで体になじみやすいです。しかもホワイトフローラルのいい香り!

ホワイトフローラルと聞いてもどんな香りかあまりピンとこないかもしれません。

そうですね、気色が悪いたとえになっていたら申し訳ないのですが……パステルカラーの服に身をつつんでいて、美容にお金をかけていそうなお姉さんからただよいそうな匂いです。なんとなくつたわるでしょうか。

今まで百貨店にお買い物へ出かけても、ジルスチュアートは軽く見る程度でした。なぜなら筆者にとって、ジルさん特有の乙女オーラがまぶしい!!からです。

しかし今年の冬コフレにひと目ぼれして、購入してみた甲斐がありました。見た目のデザインはもちろん、内容にも満足しています。

筆者はおそらく乾燥肌で、こまめに保湿しないと顔や手足がカサカサになってしまうのです。そのためボディークリームやハンドクリームは重宝します。

事実として化粧品検定の教本にも「乾燥肌にはうるおいをしっかりと与えましょう!」と書いてありました。

ですから最近はお化粧するとき以外にも、就寝時やちょっと手荒れがひどいかな?と思ったときに、クリームをぬったりパックをしたりしています。

ふとした瞬間にパートナーさんが筆者の手をさわり、

「うわあ……ベタベタ」と嫌そうに言うのでムカつきます。

「これは保湿成分だよ〜」と、にこやかに伝えています。

12月初旬。筆者のもとに、ちょっと早めのクリスマスプレゼントが届きました。と言っても自分で購入したのですが……。

みなさんも、たのしいクリスマスをお過ごしくださいね。