カテゴリー
【趣味】

今年の聖夜はライブです

表題のとおり、クリスマスは好きなアーティストのライブに行って来ます。その名も「女王蜂」といい、筆者はかれこれ2年以上前から彼女(彼)らのファンです。

兵庫県神戸市出身のロック・バンド。メンバーはアヴちゃん(vo)、やしちゃん(b)、ルリちゃん(ds)、ひばりくん(g)の4名。

https://tower.jp/artist/1883971

天下のタワーレコードさんが女王蜂のページを作成していたため、情報をひっぱってきました。

女王蜂の魅力を語りはじめたら、聞き手がうんざりするほど長くなってしまいます。ですからできるだけコンパクトにまとめましょう。

まず見目麗しいメンバーのみなさま。とくにボーカリストのアヴちゃんは、びっくりするほど美脚の持ち主です。思わず女性をやめたくなるような抜群のプロポーション。また高い声から低い声まで自由自在にあやつる魔性の歌い手です。

去りし2018年の9月頃。筆者は初めて女王蜂のライブに行きました。

スポットライトに照らされて妖しく光るアヴちゃんの姿に、言葉も出ないほど圧倒されたのをおぼえています。

女王蜂のメンバーが最高にクールなのはさることながら、楽曲がとてつもなく素晴らしいのです。ダークで、はかなくて、それでいて切ない。あらゆる感情のつめあわせのような曲が多い。

ちなみに筆者が女王蜂の曲で最初に聴いたのは「デスコ」です。

ヴィヴィッドな色使いと奇妙なダンスがクセになるMV。

いったい何者だ?と思ったのが第1印象。そのあと、ショットガンで脳天を撃ち抜かれたかのような衝撃が走りました。それからというもの、女王蜂の魅力にどっぷりハマっていきました。

昔、どこかのインタビューでアヴちゃんが下記のようなことを話していたことを覚えています。

“わたしは楽器も弾けないし、ダンスも踊れない。だけど表現せずにはいられなくて、バンドを作った”と。

……かっこよすぎませんか!??筆者はこの言葉を目にした瞬間、しびれました。

もちろんイヤフォンで女王蜂の音楽を聴くのは最高です。しかし、生の演奏や歌声が聴けるライブはもっと最高です。

筆者と同じライターで、なおかつ女王蜂のファンである人も「女王蜂はライブがすごい」と言っていました。

ありきたりな表現で恐縮ですが、女王蜂のライブはすごすぎて鳥肌が立ちます。なんといっても、アヴちゃんが歌っている時の、鬼気迫る感じ!と思ったら、MCではまったりとした口調で話すんですよ〜。そこがまたチャーミングです。

ライブまであと3週間。ひたすら待ち遠しいです!

作成者: 神埼 寧

愛知県生まれ、神奈川県在住。高校を卒業後、観光バスガイドとして5年間勤務する。その後退職し長年の夢だった"書く仕事"をするため、フリーライターの道を選ぶ。そんな神埼寧の自由ことば帳(ブログ)です。主に趣味のウォーキングや食べ歩き、旅行について書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA