カテゴリー
【カフェ・喫茶店】

1er ETAGE@京都

今回は、京都にあるオシャレなドライフラワー専門店「1er ETAGE(プルミエ・エタージュ)」のご紹介です。このお店はお花を販売しているほかにも、カフェを営業しています。

筆者はたまたまInstagramを見ていたところ、当店の存在を知りました。SNSにアップされている写真はどれも美しく、お店のことがすごく気になったのを覚えています。

ところがお店のSNSには、カフェの営業時間や定休日など、必要最低限のことしか掲載されておらず、正直「本当にカフェは運営されているのだろうか?」と困惑しました。

しかし京都をおとずれた際に、気になっていた当店へ足を運んだところ、花屋だけでなくカフェも営業していてひと安心。

SNS効果なのか、筆者のほかにも若い人たちが続々と来店していました。

入り口からして素敵な雰囲気のただようお店です

店内以外にも、お店の外でケーキやお茶を楽しめるスペースがありました。

今の時期は日中であっても、だいぶ気温が低いため長時間はすごせないことでしょう。ですが、春先や夏などに来店すると、ゆったりとした時間をすごせそうだなぁ、と思いました。

来店して思ったこと。「店内の落ちついた雰囲気が素敵!」

店内に入って左右がカフェスペースで、店奥がドライフラワー屋さんになっていました。あらゆる色や形のお花を見て、思わずうっとり。

筆者と旦那さんがソファー席に座ると、店員さんがメニューをもってきてくださいました。

メニュー表には、おしゃれな名前のケーキや飲み物の名前がずらり。いくつか気になるメニューがあったのですが、筆者のおなかはすでに満タン。よってケーキを食べるのは断念しました。またの機会に!

アイスティーとレモネードをいただきました。

筆者はレモネード、旦那さんはアイスティーを注文。しばらくして飲み物がはこばれてきました。

さっそくレモネードをひとくち飲んでみたところ、レモン特有の酸味が、口のなかにフワッと広がります。そして、あとから追いかけてくる砂糖の甘さ。

たとえるなら執筆をしたあとの、ものすごく疲れた頭が欲しがりそうな味です。お腹が空いていたら、ケーキと一緒に食べたかったな。

おいしい飲み物をいただいたあと、ちょっと店内をウロウロ。最近よく耳にする「スワッグ」やら「ガーランド」やらには、どのような特徴があるのでしょうか。素人目で見ると、両者の違いはまったくわかりません。

いろんなサイトを拝見したところ、

スワッグ:花や葉っぱなどをたばねて壁にかける飾りのこと。

ガーランド:花や植物、くだものを使用したヒモ状の装飾品。

上記のような特徴があると分かりました。つまり、スワッグは花束であるのに対し、ガーランドはヒモ状の飾りを意味するのですね。ひとつかしこくなりました。

素敵なカフェですから、みなさんも機会があればぜひ、プルミエ・エタージュさんにお出かけくださいませ。

作成者: 神埼 寧

愛知県生まれ、神奈川県在住。高校を卒業後、観光バスガイドとして5年間勤務する。その後退職し長年の夢だった"書く仕事"をするため、フリーライターの道を選ぶ。そんな神埼寧の自由ことば帳(ブログ)です。主に趣味のウォーキングや食べ歩き、旅行について書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA