カテゴリー
【グルメ】

おすすめ焼肉ランチ【土古里】

筆者は大のお肉好きです。豚・牛・馬・羊など、この世にはあらゆる肉がありますが、いずれも例外なく愛しています。

個人的に、ひと仕事終えたあとに食べるお肉は格別です。ただしお肉は、いつどのようなタイミングで口にしても、おいしいことには変わりないのですが。

話は変わりますが、筆者は仕事で山場をこえると、自分にご褒美をあげます。内容は日によって異なりますが、おいしいものを食べることがほとんどです。

今日は、筆者が”セルフご褒美”と称してよく足を運ぶ焼肉店をご紹介します。名前を土古里(トコリ)といい、韓国焼肉店です。

土古里のお肉はジューシーで、旨みたっぷりなんですよ!公式ホームページをチラッとのぞくだけで、腹の虫が鳴きます。

調べたところによると、土古里はチェーン店であることが分かりました。宮城県仙台市や神奈川県、東京都などをあわせると15店舗あります。

画像は壺漬けカルビ定食で、お値段は1,600円前後です。一見「少なめでは?」と思うかもしれません。ところが筆者の場合、壺に入っているお肉だけで、お腹がいっぱいになるほどにはボリューム満点です。

甘いタレに浸かったカルビは、噛めば噛むほどジュワッと肉汁があふれてきます。

筆者は白米より玄米派なので、いつも玄米と一緒に食べるのですが……絶品の一言に尽きますね。まさに「贅沢」「幸福」を詰め込んだ、素晴らしいランチタイム。

仕事でいやなことがあっても、落ち込んでいても、ここのお肉を食べると一時的に忘れられる。それほど土古里は、素晴らしい焼肉を堪能できるお店です。

定食だけでは物足りないかな?と思う人は、ぜひ追加メニューもご検討ください。筆者も土古里に行くと、ランチメニュー以外に追加でお肉をたのむことがあります。

ちなみに画像はネギ塩牛タンと、ハラミです。みなさんは、どちらがお好きですか?

タン塩の場合ネギをのせずに食べたい人と、ネギをたっぷりのせて食べたい人とで意見が分かれそうですよね。筆者はネギが大好きなので、ネギだくにして食べたいです。

ネギとお肉をいっしょに食べるとき、なかなか上手に食べられないのですが……筆者だけでしょうか?

ほら、最初からネギをのせてしまうとネギが網の底にしずんでしまうし、かといってお肉が焼けてからネギを包んで食べるのも、それはそれで食べにくいし。

「どうしたら上手にネギ塩タンを食べられるのだろう?」と、気になった筆者は食べ方をリサーチしました。

【上手なネギ塩タンの食べ方(焼き方)】

最初にネギののったタンを半分に折って、片面ずつ焼きます。そのあと焼き色がついたら裏がえして、お肉の端っこを挟んでいただきます!(参考:https://macaro-ni.jp/24094

……ほう、分かりやすい。一気に両面焼こうとするのではなく、ちょっとずつ焼くのがキモなんですね!今度焼肉に行ったら試してみます。

みなさんの近所に、お気に入りの焼肉屋さんはありますか?

作成者: 神埼 寧

愛知県生まれ、神奈川県在住。高校を卒業後、観光バスガイドとして5年間勤務する。その後退職し長年の夢だった"書く仕事"をするため、フリーライターの道を選ぶ。そんな神埼寧の自由ことば帳(ブログ)です。主に趣味のウォーキングや食べ歩き、旅行について書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA