カテゴリー
【ゲーム・アプリ】

マイメロに貢いでいる冬

タイトルを見ると、東京新宿区歌舞伎町を彷彿とさせます。ですが誤解のないよう先に伝えておきますと、今回の記事テーマは「夜の街」ではありません。

マイメロといえば、みなさんご存知のとおりサンリオの人気キャラクターです。ちなみに筆者の推しキャラは、クロミちゃんであると過去記事でもお伝えしました。

上記2記事もよかったらご一読くださいませ!

話がやや逸れました、失敬。軌道修正して、タイトルの「マイメロに貢いでいる冬」とはなんぞや?というテーマにうつりましょう。

筆者は結構なゲーム好きです。(重度具合を信号であらわすなら、赤よりの黄色かしら)毎日飽きもせず複数のアプリにログイン、そして何時間もプレイしています。

最近ハマっているゲームは「SweetDays」といって、サンリオのキャラクターが登場するアプリです。

このゲームは、サンリオと着せ替えゲームアプリ「ポケコロ」を開発した会社であるcoconeがタッグを組んでいます。

ポケコロについては上記の記事でサクッとふれています

筆者はサンリオとcocone、双方のファンです。そのためわたくしにとってSweetDaysは、まさに神のようなアプリ。ゲーム内で楽しく、クロミちゃんのぬいぐるみを集めております。

ほかにもマイメロやポチャッコ、ポムポムプリンにキキララなど、あらゆるキャラクターがいてにぎやかです。

サンリオキャラクターの家具やぬいぐるみを収集できるだけでなく、ゲーム上のアバターを着せ替えられるのもポイント。アバターが登場する点は、coconeが絡んでいるだけあって、ポケコロと似ていますね。

最初は「無課金でがんばろう!」と意気込んでいた筆者。日を重ねるごとにゲーム上のアイテムをコレクションするのが楽しくなってきました。

すると「課金しないでおこう」という意思が、日に日に弱まっていきます。そして気づいたら少額ではあるものの、課金するように……。

恐ろしき存在、マイメロ。ファンシーな雰囲気と、わたぐものような笑顔の裏には、ダークな顔を隠しているのか?

冗談はさておき。現在、緊急事態宣言が発令されているため安易に外出できません。

人によっては、外に出かけられないことを歯がゆく思うかもしれません。ですが、筆者はこうして好きなゲームをする時間があるだけでしあわせです。

作成者: 神埼 寧

愛知県生まれ、神奈川県在住。高校を卒業後、観光バスガイドとして5年間勤務する。その後退職し長年の夢だった"書く仕事"をするため、フリーライターの道を選ぶ。そんな神埼寧の自由ことば帳(ブログ)です。主に趣味のウォーキングや食べ歩き、旅行について書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA