カテゴリー
【おうちごはん】

自粛中、ごはんを食べるのがたのしみ

コロナの感染者は一向にへらず、まったく先行きが見えないですね。

国の偉い人は「給付金はくばりませ〜ん。たとえ今配布しても貯金されてしまうからね〜ヘッヘッヘ(※意訳)」と言っているし、飲食店は次々に閉店もしくは時短営業をせまられているし……。

幸福にも筆者はそこまで生活に困っていないため、のんびりと暮らしています。

毎日のルーティンは「携帯のアプリにログインすること」「Nintendo switchであつもり(あつまれ どうぶつの森)をプレイすること」です。ひととおり遊んだら、ようやく仕事をする……なんてしあわせな毎日なのでしょう。その後、月のなかばになってようやく重い腰をあげ、締め切り前の原稿を書き上げています。

先にことわっておきますと、ずっと遊んでいるわけではありません。文章に関する本を読んだり、新聞をチェックしたりと仕事に関する時間もつくっています。

以前は1日12時間労働、早朝から夜遅くまで働きづめの日々でした。そのため、自由に働けることのありがたみを誰よりも噛みしめています。

筆者はコロナが怖いため、用事がないかぎりむやみに外出していません。外に出るのは犬の散歩か、コンビニに行くときくらいです。

感染者の数がいよいよ増えて、1回目の緊急事態宣言が出されるぞとなったときは、恐怖のあまりふるえました。と、同時に「外に出られなくなるのか……きっと退屈な毎日になるだろうな」と思ったのを覚えています。

しかし2回目の緊急事態宣言が発令されたいま、筆者はなんの不自由もなく暮らせているためしあわせです。それはまわりの人(主に旦那さんや旦那さんの家族)が、筆者によくしてくれるからにちがいありません。

外出自粛中の現在、家族みんなで食卓をかこむのが楽しみです。今日は麻婆春雨と生春巻き、鶏肉の甘辛炒めをいただきました。天才シェフの旦那さん作です。

鶏肉の甘辛炒めと生春巻き

生春巻きは筆者のリクエスト。大きなエビがいくつも入っていて感動しました。ひとくち頬張ると、プリプリの海老がはじけます。お店で食べる生春巻きより、何倍も豪華に思えました。(もちろん外食も大好きなので、事態が落ち着いたら外食に行きたいです)

こちらは弾力のある麻婆春雨です。旦那さんいわく「お水の分量を間違えちゃった」とのこと。

そのせいで汁がかなり少なくなってしまったそうですが、お味に問題はありませんでした。むしろとってもおいしくてびっくり!

筆者はちょうどピリ辛の麻婆豆腐が食べたい気分だったため、終始ニコニコしながらいただきました。

みなさんは、どんな自粛ごはんを召しあがられていますか?

作成者: 神埼 寧

愛知県生まれ、神奈川県在住。高校を卒業後、観光バスガイドとして5年間勤務する。その後退職し長年の夢だった"書く仕事"をするため、フリーライターの道を選ぶ。そんな神埼寧の自由ことば帳(ブログ)です。主に趣味のウォーキングや食べ歩き、旅行について書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA