カテゴリー
【ファッション】

春のお洋服を購入

なかなか外出する機会がなく、憂鬱な日々をお過ごしの人も多いのではないでしょうか。筆者もそのひとりで、鬱屈とした気持ちに心が染められぬよう、たまにオンラインでお買い物をしています。

(筆者はお買い物をすると、気分が高揚するのですが皆さんはいかがでしょう?)

つい先日は、高円寺の古着屋さんが運営している通販で、1枚のブラウスを購入しました。フリルがついた2枚えりに、いくつかボタンのついたブラウスです。とくに気に入っているのは、小さなボタンが2個ずつ間隔をあけて配置されているところ。このように、ファストファッションには見られないようなデザインの服が見つかるのは、古着屋めぐりならではの醍醐味です。

古着以外にも、GUで春に着るための洋服を買いました。

実店舗とは別に、オンラインショップで気に入った服を数着購入しています。買ったのはブラウス、プリーツの入ったジャンパースカート、チューリップ柄のくつ下など。

筆者はシンプルなデザインのファッションを好むため、どうしてもコーディネートがマンネリ化しがちです。はからずも同じような服を着てしまわないよう心がけているのは、ショップ店員さんのコーディネートをチェックすること。

GUやユニクロスタッフの中には、すばらしいセンスの持ち主が多いです。そのため服を買う前、店舗ごとのページにアクセスします。そしてショップスタッフのアップしているコーディネートをチェックするのです。

実際にスタッフのスタイリングをながめていると、

「このトップスを使って、どんなコーディネートができるのだろうか」

「なんの変哲もないパンツ(ズボン)がここまでオシャレに見えるのは、店員さんのセンスあってこそだな」など、あらゆる発見があります。

今回は、とある店舗の店員さんが掲載していたコーディネートを完全にコピーしようと思い、複数の洋服を買いました。完全にコピーしようと思ったのは、筆者の好きなモノトーンを使用した着こなし方に、つよく惹かれたからです。

人によっては、誰かが考えた着こなし方を、まるまる真似していてはセンスがないと思われるかもしれません。

しかし、見知らぬ誰かが言っていました。「この世のすべては模倣から始まる」と。それはファッションセンスだけでなく、文章にも通ずるところがあるのではないかと思います。

好きな作家の文体を真似てみたり、思わず膝をたたきたくなるほどうまい表現を見かけたら、それに近い言葉を使用してみたり。そのくりかえしで自分なりのセンスや文体は洗練されていくのではないでしょうか。

少し話がそれましたが……。春服を買ったはいいものの、はたしていつになったら、安心してお出かけできるのでしょうか?

新しい服に1度も袖をとおさず、春が過ぎ去っていくのをただ見守るのは、あまりにもむなしいため、近々自宅でひとりファッションショーをひらきます。考えただけでもワクワクしちゃう。それではまた。

作成者: 神埼 寧

愛知県生まれ、神奈川県在住。高校を卒業後、観光バスガイドとして5年間勤務する。その後退職し長年の夢だった"書く仕事"をするため、フリーライターの道を選ぶ。そんな神埼寧の自由ことば帳(ブログ)です。主に趣味のウォーキングや食べ歩き、旅行について書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA