カテゴリー
【ぼやき】

「耳をかたむける」は難しい

今日は朝から食材の買い物に出かけておりました。旦那さんは出張に出かけているため、明日まで帰ってきません。

筆者は義母と義父のために夕食を作ろうと、メニューを考えておりました。そのことを義母に伝えたのにもかかわらず、帰ってきた頃には主食が完成しており愕然。あれ?話を聞いていらっしゃらなかったのかしら。

筆者は車を持っていないため、移動手段は常に徒歩です。夕食の時間に間にあうよう、重い買い物袋を抱えてゼイゼイ言いながら、やっとの思いで帰ってきたのに……。そう思うと、義母への怒りがふつふつと沸き起こってきました。

挙げ句の果てには「ほかにもおかずはいっぱいあるから!(筆者がわざわざ作らなくてもいいと言わんばかり)」と言われ、料理をする気はゼロに。しかし料理せずに引き下がるのは癪だったため、牡蠣とほうれん草のバター醤油炒めを作りました。無心でフライパンをゆする筆者と、その横でしれっとしている義母。

つくづく思うのです。大半の人間は自分の話をするのは好きだけれど、相手の話に耳を傾けるのは苦手だよな……と。筆者もそのひとりで、相手が自分にとって興味のない話をしていると、木で鼻をくくったような返事をしてしまう時があります。これはよくないことです。

相手の言いたいことと、自分の言いたいことがお互いに伝わってこそ、上手なコミュニケーションだと思います。相手に自分の意見をぶつけているのみで、相手の話を聞かないようでは、聞く耳をもってもらうことは難しいかもしれません。

今回の件は正直腑に落ちないのですが、この事件(?)が起こったことで、あらためて誰かと話すときの自分を客観視することができました。

多くの人が、相手の話を素直に聞けない理由はなんなのだろう。単純に自分のことを話したくて仕方がない人もいますが、そうではない場合、心に空き容量がないのだと思います。

心のキャパシティーが海のように広い人もいれば、計量スプーン1杯ぶん程度しかない人もいる。前者はどっしり構えて、困っている人の話をふんふんと聞けるのかもしれません。しかし後者はちょっと行動したり、誰かから何かを言われたりするだけで、心に余裕がなくなってしまいます。

筆者の場合、毎日ニコニコと家族や友人の話に耳をかたむけるのは難しいです。もともと深く物事を考えすぎな性格のため、心の空き容量は少ないのかも。

しかし、相手が真剣になにかを訴えかけてくるときくらいは、こちらも真剣に話を聞こうと思います。常に思いやりをもって行動している人は「なにを当たり前のことを」と思うかもしれません。あえて言わせてください。そう思えるあなたは素晴らしい。

相手の話を真剣に聞くことが当たり前と思えるのは、その人の心が優しい証拠です。ひとつひとつの言葉を受けとめて、一緒になって考える……簡単なようで、むずかしいことだと思います。

行き場のない苛立ちとかなしみを、文章にして昇華させることができ、スッキリしました。ここまでお読み頂き、ありがとうございます。また明日!

カテゴリー
【ぼやき】

のんびりとした1日、執筆の日

今日は朝から日が暮れるまでのあいだ、亀の歩みで執筆しておりました。

日中は日差しがあたたかく、どうしても眠気が襲ってきます。先日の記事で、春の陽気は魔物と表現しました。本日もいました、のびのびとした光につつまれたゴーストが。

光と魔物。字面的に対象的な存在です。しかし筆者は春の陽気と聞くと、そのようなイメージがあります。

何時間か作業して、お腹が空いたら食事をとる。そのあと執筆に戻り、しばらく集中して記事を完成させます。集中力が途切れたら休憩をはさんで、キリのいいところで執筆に戻る……それをくりかえしていると、いつのまにか夕方になっていました。

16:30頃。毎日の日課である犬の散歩をすませたら、夕食をとります。今日はブリの切り身とゴボウやお肉の煮物、カットチーズを食べました。とくにブリがおいしかったです。

人は満腹状態になると、動きがにぶくなります。筆者も例外ではなく、重い体を起こして自室に戻りました。それから数時間、パソコン画面とにらめっこです。

記事を書いている途中で、旦那さんが仕事から帰ってきました。なにやら袋を手渡されたため、中身を確認します。

中には先日オーダーした、unevenのマスカラが入っていました。色は明るめのベビーピンクです。Instagramで商品の存在を知り、即予約しました。(余談ですがunevenは、アパレルブランドのmysticから展開されたコスメラインです。)

それにしても、桃色のまつ毛とは、想像しただけでワクワクします。筆者はこのマスカラを、特別な日やお出かけするときに使うと決めました。直近では日曜日にライブ(参戦)の予定があるため、外出する前にマスカラをつけていこうかしら。

unevenのマスカラは、ほかにもサンドベージュやモスグリーンなど気になる色味が販売されているため、いずれ購入する予定です。

個人的に、化粧品はいくつあっても足りません。次から次へと気になる商品が出てきます。コスメのデザインを考えたり製造したりしている人たちは、マンネリ化することはないのでしょうか。

文章をものづくりと捉えるのであれば、化粧品メーカーもライターも同じ仕事といってもいいのかなと思っております。けして歩みを止めることなく、日々新しい商品を生みだしているメーカーの皆様には、いち作り手として尊敬するばかりです。

何はともあれ、さきほど今日じゅうに完成させなければならない記事をアップしたため、一安心しております。明日は運動がてら、ちょっと遠方までウォーキングする予定です。みなさまも素敵な日をお過ごしください。

カテゴリー
【ぼやき】

充実した土日

先程撮影した、玄関先の梅とおぼろ月。

今日はリビングと自室を行き来していたら、いつのまにか日が暮れていました。朝8時前に起きて食事をとったあと、ひとりリビングでうつらうつら……しばらく眠っていたようです。気づくと時計の針は、正午をさしておりました。

春の陽気は、眠りの世界にいざなってくる魔物のようで怖いです。ちょっとでも気を抜いたら、ずっと寝てしまいそうになります。たしかにお日様を浴びながら横になるのは、この上なく心地がいいです。

しかし筆者は、起きて書く仕事をしなければなりません。気を取り直し、14時ごろに遅めの昼食をとって、自室で作業しておりました。

途中、眠気ざましにほんの少し窓をあけて、部屋の空気を入れかえます。先月は冷たい風が吹きつけてくるため、窓をものの5分も開けていられませんでした。ところが最近は窓を開けると、ほおをやさしく撫ぜるような風が入ってきて気持ちがいいです。

春は、もうすぐそこまで近づいてきているのかもしれません。

話は変わりますが……筆者は先日、ネットでお買い物をしました。

画像は、今日自宅に届いたポリッシュたち。excelのNL23ハネムーン(右)と、NL24ランタンフロート(左)です。どちらも可愛らしい色味なのですが、筆者はとくにランタンフロートの色合いが気に入りました。

まだ自爪には塗っていないため、実際の色味はわかりません。しかし他のユーザーがアップしている画像を見るかぎりでは、あたたかいカラーに見えます。たとえるなら柑橘系の味がついたキャラメルのような、おいしそうな色。明日にでも塗ってみようかしら。

爪の色を変えると、ふしぎと気分上々になります。

自室でパソコンに向かい文章を考えていたら、あっという間に夜になりました。大して動いていないのにもかかわらず、腹の虫は鳴きます。筆者は一旦、作業に区切りをつけて夕食を準備することにしました。

昨日、旦那さんと近所の市場に行った時、サメを購入したのです。そこで筆者は「今日はサメを焼いて食べよう」そう思い立ち、料理にとりかかります。

フライパンにバターをうすく引いたあと、そっとサメの赤身をのせました。じゅううう、と魚の焼けるいい音。思わず喉が鳴ります。サメの両面を十分に焼きあげたあと、お皿に盛り付けました。

まあ、とってもおいしそうなサメだこと!(一見、サメには見えませんね?)

では、いただきます……ひとくち噛み締めたあとに思ったのは、

「おや?肉のような匂いと食感だ」

魚とは思えないほどのやわらかさ、ゆたかな風味がたまりません。魚特有の生臭さも感じられず、この上なく美味です。よほど新鮮なサメだったのでしょうね。ごちそうさまでした!

昨日は旦那さんとたくさん歩いて市場に行けて楽しかったです。一方で今日は、どこにも外出していませんが、まったりと過ごせました。

充実した土日を送ることができたため、来週からはお仕事をがんばります!

カテゴリー
【ぼやき】

雨水

昨日から雨水に入りました。雨水とは、季節の指標である二十四節気の2番目の節気のことです。そもそも二十四節気とはいったいなんなのか、気になったため調べました。すると以下のことがわかったため、ご紹介します。

二十四節気(にじゅうしせっき)は、今でも立春、春分、夏至など、季節を表す言葉として用いられています。1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれを6つに分けたもので、「節(せつ)または節気(せっき)」と「気(中(ちゅう)または中気(ちゅうき)とも呼ばれる)」が交互にあります。

https://www.ndl.go.jp/koyomi/chapter3/s7.html

上記のとおり二十四節気とは、1年を24等分にして、季節のうつりかわりを分かりやすくした暦のこと。かつての中国で農業の目安としてつくられたもので、時代の変遷とともに日本へと伝わってきたのだそうです。

話は戻りますが、昨日から3月4日までは雨水です。雨水(うすい)とは降る雪が雨にかわり、雪どけが始まる時期という意味。

たしかに最近は外出時に厚着をする必要がないほど、気候があたたかくなってきました。ときおり吹く風にも春らしさを感じます。

一方で3月3日のひな祭りに、ひな人形を飾るご家庭は多いのではないでしょうか。調べたところによると雨水にひな人形を飾ると縁起がいいのだとか。理由は以下のとおりです。

雨水に雛人形を飾ると、良縁に恵まれると言われているからです。これは、雛祭りは水に関係する行事で、雛人形は厄を移した人形を水に流していたことに由来するため、水が豊かになる雨水に雛人形を飾り始めると良縁がもたらされると考えたからだそう。

https://iemone.jp/article/lifestyle/hana_27586/

筆者は雨水について調べるまで、ひな祭りが水に関係するイベントとは知りませんでした。こうしてまたひとつ、知識を得ることができてよかったです。

話は変わりますが……例年、雨水の時期には全国各地で梅の花が見頃をむかえます。

ちょうど今ごろのことです。筆者は前職時代、東京からおいでになったお客様を地元の梅園にご案内しました。園内には赤と白の梅が咲きほこっているのを見て喜んでいらっしゃるお客様といっしょに、筆者も感動したのを覚えています。

今年は梅の名所に行くことができておりません。地元の梅はきれいに咲いているのでしょうか。家の玄関先に咲く梅をながめて、ふとそのようなことを思った筆者なのでした。

カテゴリー
【ぼやき】

嬉しい出来事3つ

今日はバレンタインですね。筆者は先週、旦那さんに早めのバレンタイン・プレゼントを贈りました。

旦那さんは受け取ったチョコレートを、今日食べるために冷凍庫で凍らせておいたとのこと。

「冷凍庫に入れたら硬くなるじゃない」と筆者。

その言葉に対し旦那さんは「カチカチに凍ったチョコレートが好きなの」と返答。チョコレートは常温で食べるものとばかり思っていたため、衝撃です。旦那さん、ちょっと変わっていますよね〜。

旦那さんは話していたとおり、夕食後にチョコレートをバリボリと食べておりました……咀嚼音がまるで氷を食べているみたいでしたよ。

さて、タイトルについてお話しします。今日は嬉しい出来事が3つありました。ひとつが、アイドルのオンライン特典会に参加したことです。

先日のブログにてご紹介したアイドルグループ「PARADISES」のメンバー・ウタウウタちゃんとお話ししました。オンライン上とはいえ、おたがいの顔を見ながら話せるのはしあわせですね。

ウタちゃんのことは前々から気になっていて、SNSをチェックしていたのですが、面と向かってお話するのは今回が初めてでした。

オンライン特典会の感想は、いろいろと思い浮かぶのですが……まずもってウタちゃん、かわいい。サラサラの髪の毛、つぶらな瞳、高い鼻。画面越しに見た彼女は、お人形さんのようでした。

筆者は先週からウタちゃんとお話しするのを楽しみにしていたため、子どものようにテンションが上がってしまい、ちょっぴり恥ずかしかったです。

興奮気味にベラベラとまくしたてる筆者に対し、ウタちゃんは落ち着いた声と笑顔で応じてくれました。フニャッとしたほほえむウタちゃんに、心の底から癒される筆者。すばらしい時間でした。

嬉しい出来事2つめは、本が届いたことです。題名は「すみっコぐらしの英会話」。

以前Twitterでこの本を見かけて以来、どのような内容なのか気になったため、通販にて購入しました。それから約3週間ほど待ち……本日、ようやく書籍が手元に届いたのです。まだパラパラとめくった程度ですが、楽しい。

本の中身を端的に説明しますと、すみっコぐらしのかわいらしいイラストに、かんたんな英語のフレーズが添えられています。ほかの本のように、文字が羅列されているのみだと、目が疲れてしまいがちですが、この本は読んでいて飽きません。

ポップなイラストを楽しみつつ、日常的につかえる英会話を学べるのは、とてもいいですね!

最後に、嬉しい出来事3つめ。夕食に出前をとり、おいしい肉ねぎ蕎麦を食べたことです。散歩から帰ってきてお腹が空いていたため、いつも以上においしく感じられました。

当たり前の日常。平穏に暮らせること。それはもはや「当たり前」ではなくなってきています。最近のコロナ事情もそうですが、昨日地震が発生し、しばらく揺れがおさまらず……じっとしていた時に思いました。

「ふだんなにごともなく過ごせるのは、すばらしいことだ」と。

なにごともなくとは、なんらかの原因によって日常生活に支障が出ないということ。

今日はなにごともなかったうえに嬉しい出来事がいっぱいで、ホッとしました。どうか明日も明後日も、そうでありますように。

カテゴリー
【ぼやき】

決意

最近は自粛期間をいいわけに、あまり運動できていません。そのため筆者の体重は一向に減らず、いい加減に痩せねば!とあせっています。

筆者は携帯に2つのウォーキングアプリを入れており、1日の歩数や体重を計測するのが日課です。ちなみに今日は6000歩と少々歩きました。去年の秋にくらべ、だいぶ歩数がへっています……。

冬はさむくて、なかなかベッドから起きあがれません。あともう少しだけ寝る……をくりかえしていると、いつのまにか時刻は昼になっています。

眠たい目をこすりながら起床し、家事や仕事を片付けていると、あっという間に夕方です。つまりダイエット以外に気をとられて、運動する時間が確保できてません。

このブログを読んでいる人のなかに、お仲間はいらっしゃいませんか?(こうやって、すぐにいいわけするから痩せられない)

毎日アプリに数字を入力していると、モチベーションが上がります。筆者にとってウォーキングアプリは「もっと歩こう」「太り過ぎだな」と、自分のことを客観視するために必要です。

アプリに数字を打ち込み、現実を見た筆者は決意しました。「2月15日から夏がくるまで、プールに行って泳ぐぞ!」と。理由はただひとつ、痩せるためです。

ダイエット法は走ったりジムに行ったりなど、たくさんあります。しかし筆者的には泳ぐのがいちばん「マシ」です。

幼い頃から筆者は、かなりの運動音痴でした。あまりにも運動ができなさすぎて、クラスメイトから笑い者にされたことがあるほどです。(思い返すと、しょっぱい出来事……)

あらゆるスポーツの中でも、とくにバスケットボールやバレーボールなど、チームを組んでおこなう競技は苦手でした。

一方で水泳はひとりでもできます。その上、全身運動のためカロリー消費が激しいスポーツです。

まさに孤独を愛するダイエッターにぴったりなスポーツ!!と勝手に思っています。

インターネットを駆使して色々と調べたところ、プールで1時間ほど本気を出して泳げば(クロール)、1000kcal近く消費できるのだとか。これはやるしかない!

いま一度決意します。今月半ばから筆者の誕生月である7月まで週に3回、近所の温水プールへ泳ぎにいきます。とはいえ、自宅からプールまでは歩くと片道1時間少々かかるため、ウォーキングするだけでいい運動になるかもしれません。

運動以外に、暴飲暴食しがちな食生活を見直します。ジュースやお菓子は食べない……のはかなり厳しいため、ときどきは食べてもいいことにしましょうか。

筆者の経験上、即座に痩せる方法は(ほぼ)ありません。しかし地道に運動し続けていると、ある程度までは痩せられます。現にマックス体重のときから、6kgほどは落としました。

最終目標であるマイナス19kgを達成するまで、本気でダイエットにうちこみます。その過程をブログに書き残せたらと思っているため、読んでいただければさいわいです!

カテゴリー
【ぼやき】

手料理の日

本日の筆者は、自宅で料理をして過ごしておりました。最初につくったのは、ドライカレーと鳥の照り焼きです。旦那さんのお弁当は何にしようか?そう考えたときに、このメニューが頭にパッと思いつきました。

外仕事をしている旦那さんは、毎日会社にお弁当をもっていきます。彼自身、料理人だったこともあるため、料理するのは苦ではないそうです。しかし旦那さんの場合、仕事がある日は朝早くに家を出て、そこそこ遅い時間帯に帰ってきたあと、お弁当の準備をしなければいけません。

一方で筆者は在宅ワークをしています。時間の融通もきくため、たまには旦那さんのために働こうと思い、お弁当をつくることにしました。

いつもキッチンに立っていると、思うことがあります。

「料理は大変。なにより時間がかかるし、めんどくさい」

この一文だけ読むと、筆者は仕方なくお弁当づくりに取りかかったのだと思われても仕方ありません。しかし誰かに「料理しなさい」と命令されたわけではなく、自分の意思で厨房に立ちました。

個人的に料理は手間のかかる作業だと思っているため、毎日当たり前のようにお料理されているかたに対して、頭が下がります。

筆者の場合、食べることは楽しいため、苦になりません。ところが料理をふるまうとなると、話は別です。どちらかというとあまり器用なほうではありませんし、味付けにも不安があります。

料理をすることに苦手意識があるのにもかかわらず(多少投げやりになりながらも)包丁をもつのは……やはり自分がつくった料理を提供するなら、食べてもらう人によろこんでほしいから。

自分のために料理するのは、先ほど書いたように”めんどくさい”です。しかし誰かのために料理するなら、たとえうまくできなくてもがんばろうと思えます。

いまはレシピをインターネットで検索すると、調理手順が即座に表示されるため、とっても便利です。

筆者は、どこかの誰かが公開しているレシピを見ながら、たっぷりと時間をかけて料理しました。その結果とくに大きな失敗をすることもなく、鳥の照り焼きは完成し安堵しています。

ドライカレーはドライカレーの素を買ってきて、袋の裏に書いてあった手順に沿って具材とごはんを炒めました。いたってシンプル!!明日の昼間にお弁当を食べる旦那さんは、よろこんでくれるでしょうか。そして家に帰ってきたとき「おいしかったよ」と言ってもらえたら、うれしいです。

夜はあまった鶏胸肉を使って、油淋鶏をつくりました。筆者の大好物です。油淋鶏はバーミヤンに行くと、必ずと言っていいほどオーダーするメニュー。

前回の反省を活かし、次のことに気をつけました。

・鶏肉にしっかりと味をしみこませるため、10分間寝かせた。

・前回は油の量が少なかったのか、カリッとした食感にならなかったため、油を多めに引いた。

・鶏肉を揚げる前に包丁で表面を何回か刺した(火が通りやすくなるため)。

写真ではなかなか伝わりにくいかもしれませんが、今回は前回よりも上手にできました!食べてもらった家族からも高評価を得て、満足です。

記事の冒頭でやれ料理は大変だの、めんどくさいだのと言っておきながら、

「さて、次は何をつくろうかしら?」と考えているあたり、料理への苦手意識がうすれてきたかもしれません。

カテゴリー
【ぼやき】

1月のふりかえり

お晩です。筆者は今の今まで原稿を書いておりました。ようやくキリがついたため、1月最後のブログを更新します。

時の流れは早いもので、あと数時間後には2月です。いまに始まったことではありませんが、毎日気がついたら朝がきて、あっという間に日が暮れます。そのくり返し。

子どもの頃は、とにかく1日の流れがおそかったです。「早く授業がおわらないかなぁ」なんて考えながら、ひたすら消しゴムの消しかすをあつめて遊んでいたのに。

大人になったいまでは、えんぴつのかわりにボールペンを持ち、ああでもないこうでもないとアイデアを練っています。

えんぴつは使わないため、消しゴムを使うこともありません。かわりにパソコンとにらめっこして、文章を作っては消し作っては消しをくり返しております。

さて、1月をふりかえってみましょう。今月は引きこもりっぱなしだったかと思いきや、いろいろな思い出ができました。

まず、1月5日には筆者の大好きなアイドルグループ「GO TO THE BEDS」の10人限定のライブに参加。チケットは即時完売したため、無事ゲットできたときは跳びはねてよろこびました。

ライブ当日。会場は小さなライブハウスだったため、ファンとメンバーとの距離も近くてひたすら楽しかったです。

今はコロナの影響がありライブ本数が少ないため、次はいつ彼女たちに会えるのか分かりません。いいえ、厳密に言うと違います。

3月に開催予定のライブチケットは手元にあるのです。しかし、そのライブが無事開催されるかはコロナ次第のため……「分かりません」と書きました。どうか一刻も早く、平穏な世の中が戻ってきますように。

ライブのほかにも、年末にオーダーしておいた福袋を開封したり、家で映画を何本か観たりと、わりと充実していましたね。

過去のブログを読みかえしていて冷静に思ったのですが、筆者、福袋買い過ぎ。今年は散財をひかえたいです。

一方で映画鑑賞は趣味のひとつですから、おもしろそうな作品を見つけ次第、またご紹介します。

総合的に見ると1月はあっという間に過ぎていきましたが、楽しくすごせました。惰性的にゲーム、もしくは仕事のルーティンをこなす毎日ではなかったです。

来月の目標は、1月よりもっと記事を書くこと、そして本をたくさん読むことです。最近スランプなのか、一文を考えるだけで頭痛がします。しかしめげずに書きつづけます。

ただただ書いてばかりではインプットできないため、空いた時間を有効活用して本を読む予定です。

それではまた、2月のブログでお会いしましょう。

カテゴリー
【ぼやき】

自分の中にあるやさしさを、分けたい。

最近筆者は「まわりの人にやさしくされている」と感じます。たとえばご飯をつくってもらったり、洗濯をたたんでもらったり。困っているときに、声をかけてくれること。それも、まわりの人のやさしさです。

1つひとつは些細なことかもしれません。ですがやさしい気持ちは山のように積もると、いつか大きな愛になると思うのです。

ある日、旦那さんが言いました。「寧ちゃん、そのパソコン、買いかえるといくらになるの?」

そう言って旦那さんが指差したのは、筆者のオンボロパソコンです。20歳のとき、なけなしの給料をはたいて購入しました。

最近パソコンはご老体になってきたのか、筆者の言うことを聞いてくれない日が多いです。にもかかわらず、なんとか動いてくれとパソコンと格闘している筆者を見かねて、声をかけてくれたのでしょう。

旦那さんは「最近(結婚の)ご祝儀をたくさんいただいたから、新しいパソコンを買ってあげるよ。好きなのを選びなよ」とも言ってくれました。

実は筆者、去年のおわりにWindowsのノートパソコンを購入しているのです。

ところが「Windowsは(個人的に)使い勝手が悪い」と言って、結局使わずじまい。そのうえ壊れかけのパソコンを使用しているのですから、新品を買った意味がありません。

旦那さんは筆者が新しいMacBook Airを購入したら、Windowsのパソコンを買いとってくれるとのこと。なんてやさしい人なのでしょう。

彼はぶっきらぼうだし、人にとやかく言う割に、だらしないところがあります。短気な性格で、よく義母と言い争いをくりひろげているのにもうんざり。でもほんとうは、やさしい心をもった人です。

自分より弱い立場にいる人や、困っている人を見るとほうっておけない。それが旦那さんのいいところです。おそらく自覚はないと思うのですが、彼は自然と人のためにつくせます。

旦那さんに聞いたことがあるのです。

「他人にイライラしないためには、どうすればいい?」と。

筆者は、自分がしてあげたこと(善意)が相手からかえってこないと、勝手に失望してしまいます。

筆者の問いに対し旦那さんは、

「見返りを求めない」とひと言。ストン、と腑に落ちました。たしかに、相手に対してあれもこれもと求めなければ、落ち込むことはありません。

相手に見返りを求めずに、やさしさや愛を分け与えられる。そんな人なんです、旦那さんって。すごいですよね〜。

なんだかノロケ話のようになってしまいましたが……。

筆者は何が言いたいのかというと、自分の中にあるやさしさを、さも当然のように分け与えたいのです。

となりにいる友人や、犬や、旦那さんや、家族に。大切な人だけでなく、見知らぬ誰かにも。

カテゴリー
【ぼやき】

2021年、やってきました。

新年あけましておめでとうございます。年明け1本目のブログです。

大晦日は年越しそばを食べたあと、日付が変わるギリギリまで記事を書いていました。なので新年の始まりは、あっけなかったです。深夜2時ごろ、さすがにまぶたが重くなったため一旦眠りにつきました。

起床したのは、早朝6時ごろ。スマホのアラームが鳴り、旦那さんに「窓の外を見てごらん、初日の出だよ」と声をかけられます。

筆者は眠い目をこすりながら、言われたとおり窓の外を一瞥しました。すると燃え盛るような太陽が、空のちょうどド真ん中にきていてびっくり。しかし眠気に負けて、そのあとすぐにベッドへ倒れこみました。

それからお昼前にようやく目が覚めて、家族みんなでおせちを食べることに。

旦那さんお手製の煮物
お刺身〜〜〜!!
お正月の定番料理だ〜〜〜

いかがでしょう、このすばらしい料理の数々。ちなみに筆者はノータッチです。(毎回旦那さんに「お手伝いしようか?」と声をかけているのですが、旦那さんが全部やってくれます)

愛知県に住んでいたころは、お正月であろうとなかろうと働きづめでした。ですから食卓にごちそうをならべて、家族団らんのひとときを過ごせるのはしあわせです。

煮物や刺身、鴨肉など、たいそう豪華なお料理でした。おなかいっぱい。

食事をすませて食休みしていたら、近所に住む旦那さんのご友人夫婦が挨拶にきてくださいました。小学生の娘さんも。新年早々に、明るい友人家族とお会いできて楽しかったです。

14時ごろ、ご友人夫婦(+娘さん)とお別れをして、ふたたびまったりモードの筆者。久しぶりに好きな携帯アプリをやり込みました。お正月のログインボーナスはいつもに増して豪華なんですよ!

最近は「ポケコロ」というアプリにハマっています。簡単に説明すると着せ替えゲームに近いです。定期的にアバターの服が入荷するため、それをコレクションしています。

筆者がポケコロで使っているアバターはこんな感じ!

筆者の場合、幼稚園のころからお人形あそびや着せ替えゲームに没頭していました。

それから10年ちょっとの月日が経ち、大人になったいまでも、着せ替えゲームが好きなのには変わりありません。毎日飽きもせずにポケコロをプレイしています。

ちなみに画像に記載されている「ドナ」とは、現実世界で言うところの「お金」です。ドナを貯めるとアバターや、アバターの家に飾るガチャが引けます。それらをあつめるために日々、必死でドナを稼いでいるんですよ。あれ?なんだかリアルと似ているな。

それはさておき、よい2021年のスタートが切れたことのご報告でした。今年もどうぞよろしく!