カテゴリー
【芸術】

天才でも反逆者でもない

2020年9月20日。横浜駅東口前にあるアソビルへ行った。同施設でバンクシー展がひらかれていたからだ。たびたび日本のニュースで取りざたされるバンクシーとは、どんな人なのか。もしかすると、作品を見ればわかるかもしれないと思ったのである。

しかし、残念なことにバンクシーが何者なのか、私には理解できなかった。正しくは”彼は何者になろうとしているのか分からなかった”と表現すべきか。

アート界の異端児、バンクシーっていったいどんな人?

https://www.harpersbazaar.com/jp/lifestyle/art-stage/g31462313/who-is- banksy-200313-hns/

匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も

https://www.fashion-press.net/news/58709

今は便利な世の中だから、検索すればなんでも出てくる。”正体不明”と言われているバンクシーのことでさえ、リサーチすれば分かってしまうのだ。

ただ、膨大な情報のどこまでが「真実」なのかが分からない。

多くのメディアはページビューを獲得しようと躍起になっている。ゆえにウソを書いたり、話を盛ったりしている部分もあると思う。

私は彼に聞いてみたいことがいくつもある。

切り刻まれたバンクシー作品「少女と風船」、落札女性が所持続けると表明

https://www.bbc.com/japanese/45832912

『風船と少女』がシュレッダーにかけられて、『愛はごみ箱の中に』というひどい名前になりましたが、どう思いましたか?

とか、

日本にバンクシーのような才能が出てこない訳

https://toyokeizai.net/articles/-/327769

謎多きバンクシーの世界観を体験。彼は天才? 反逆者?!

https://www.asahi.com/and_w/20200615/1313825/

“天才”だの”反逆者”だの、勝手にレッテルを貼り付けられていますが、どう思っていますか?

とか、いろいろ質問の内容を考えたり。意外に作者はすべてを見こしてアクションしているのかもしれないな、と思ったり。

美術品の横に飾ってある解説を読めば、どんな絵であるかは分かる。しかし”バンクシーが言いたいことは、本当にそれだけ?”と深読みしてしまう。

“誰かが世界をより良い場所にしようと願う以上に、危険なことはない”(筆者の感覚で訳しています)

個人的には絵画や映像作品よりも、この言葉がいちばん胸に刺さった。

バンクシーの絵には政治的なメッセージがふくまれている。そのように解説する専門家がいるのは、このような文章を書き残しているからなのだろうか。

完全なる主観だが、バンクシーが何者なのかを決めるのにあたり「天才」と「反逆者」の2つにしぼるのは難しいと思う。

神格化されるのはナンセンスだし、かといってアートを用いたテロリストだなんて過激な表現もしっくりこない。

バンクシー展に行ってしばらく経過したが、いまだにモヤモヤしている。

コロナ禍で延期「バンクシーって誰?展」は来年8月開催 寺田倉庫G1ビル(東京)

https://artexhibition.jp/topics/news/20201002-AEJ302896/

アソビルで開催されていたバンクシー展は、すでに終了している。しかし来年の夏に東京で新たな展示が開催されるため、気になった人はぜひ行かれてみてはいかがだろうか。

※写真撮影:神埼寧

カテゴリー
【芸術】

ヨコハマトリエンナーレ2020に行ってきました。

はじめてブログを書きます。とはいえ、私は文章を書いて生活している人間です。多少なりとも面白おかしく書けるはず。なのですが、どうしたものか。さきほどから書いては消してをくり返しています。

よもやま話はこれくらいにしておき、本題に入りましょう。先週の日曜日に、私は恋人とヨコハマトリエンナーレに行きました。そのことについて、感想やら何やらをつづります。

テーマは”光の破片をつかまえる”

https://unsplash.com/photos/Ku59NWmVcnI

ヨコハマトリエンナーレ2020のテーマは”AFTERGLOW 光の破片をつかまえる”です。なんともポエティックなタイトルで、素敵ですよね。

開館とともに”回転する森”が目の前に!

自宅から歩いて横浜美術館に行きました。どうやらちょっとだけ早くついてしまったようです。入り口の前で列をなしている人たちの後ろに続き、開館するまで待機。

しばらくして、時計の針が午前10時をさした頃。入り口がひらきます。

入館して数秒、さっそく何やらまぶしいオブジェが目に飛びこんできました!こちらの作品は、ニック・ケイヴ作『回転する森』。ニックさんは、シカゴをメインに活動しているアーティストです。彼の作品は彫刻やビデオ、パフォーマンスなど多岐にわたります。

この作品を間近で見た感想は、月並みですが”吸い込まれそう”。ゆらゆらゆれ動く装飾品たちに目をうばわれました。まるで空の上を歩いているような、森林の中に迷い込んだかのような……不思議な感覚をおぼえます。

↑後日、このような動画を見つけました。ひとつのアートを完成させるために、これほど多くの人が力をあわせているのですね〜。

小躍りしながら、次の作品を見に行く

回転する森を抜け、チケットを提示し次の作品がある場所へ。

実は私、去年からずっと横浜美術館に行きたかったんです。今回ようやく願いが叶って、そのまま天高く飛んでいきそうになりました。あぶない、あぶない。

遠目からだとフリンジに見えるのですが、どうもそうではないらしい。近くに寄ってみると、ペンキが使用されていました。作品の上には小型の機械が設置されており、小刻みに動いています。

もしかして、このアートは機械が描いたのかしら?そうだとしたら、とてつもなく繊細なタッチですね。

赤やオレンジ、黄色などあらゆる光が入り混じる空間でパシャリ。どうでしょう、ちょっとおしゃれなジャケット写真に見えませんか?お気に入りの1枚です。

こちらポップなガイコツさん。ピンクのキャップがよくお似合いです。

おっと、こんなところにコンセントが……と思いきや、本物そっくりに描かれた絵でした。

感性が養われ大満足の1日

ほかにも映像やパネル、イラストなどあらゆるパターンのアートを見学しました。どれも素晴らしい作品ばかりで、甲乙つけがたかったです。じっくりと芸術品を鑑賞したおかげで、感性が養われました。

美術館をあとにして、小腹が空いたためカフェでランチを。この日食べたのはチキンカレーです。甘いルーとジューシーな鶏肉がマッチしていました。ごちそうさまです!

次なるアートを求めて外に出る

ヨコハマトリエンナーレ2020は、10/11(日)までの開催です。お近くのかたはぜひお立ち寄りください。

私は次なるアートを求めて、仕事の合間に出かけます。次の記事は趣味のウォーキングについてです。お楽しみに。

※使用している画像は、フリー素材もしくは神埼が撮影したものです。